初出勤で不安を感じている人に伝えたい職場での動揺しない考え方

今回紹介するのは、新しい職場への初出勤で不安を感じている人に伝えたい、職場で動揺しない社会人として正しい考え方です。

anxiety
初めての就職や転職で新しい職場で働くという事は思っている以上にストレスを感じます。

どんな職場に行ってもスペシャリストはいるでしょうし、怖い人だっていると思います。


しかし、そんな人もみんな学生を経て、そして初出勤して仕事を頑張っています。それでも自分は人一倍緊張していて不安だという方もいるかと思います。

そんな初出勤に緊張して不安を感じている方に、職場と言うものの現状と、社会での正しい考え方や行動を紹介します。


何もなしにいきなり初出勤するのと、いろいろ情報収集してから出勤するのでは心構えが全然違います。

あなたの初出勤が素晴らしいものになるよう手助けできれば幸いです。この記事をしっかり読んで、前向きな初出勤ができるようにしてください。


それではまずは、社会人の方の経験談をご覧いただき、その後に社会人として大切な事を紹介していきたいと思います。

体験談の方も、すごく参考になるものですので、必ずご覧ください。

スポンサーリンク

社会の現状と考え方

仕事で大切な事

社会人って、どういうイメージで就職されますか?

もうすっかり忘れてしまってるかたも多いのでは無いですか?

仕事の不安や配属先について等。様々な不安がある方や希望いっぱいの方、いろいろですよね。

実際就職してからは、どうでしょうか?イメージ通りでしたか?大きい会社、事務所みたいな個人の会社、取り巻く環境は、大きく違います。



大きな会社では、様々な部署が有り、仕事も部署ごとの雰囲気もまるで違います。配属される部署によっては、同じ会社でも、ハズレがあるのは事実です。

でも、悲観することは有りません。ハズレの要素としては、嫌な先輩、仕事の出来ない上司、同性に嫌われる同期等です。もちろん他にも有ります。

でも、どこにもある話なんです。全く気にしないは無理です。残念ながら…

まずは、仕事を一生懸命頑張って下さい。とにかく、早く習得することです。



そうすることで、同じ部署からの信頼を得られます。嫌な先輩も仕事を一生懸命やることで、軟化することが多々あります。仕事ができだすと自分でやれることが増え、また上司の目も変わります。

時には、他部署に名前を売ることが出来ます。他部署の上司からお声をかけてもらえればラッキーです。そうすることで、仕事のミスをしたときでも、他部署の上司や自分の上司も助けてくれます。

その代わり、上司からの食事位は上司のおごりなら、行っておくほうがお得です。会社の面白い話や情報もゲット出来ます。

また、今後、行きたい部署が出てきたときは、さりげなくその部署の上司に冗談混じりでも良いので声をかけておくと、役に立ちますよ。

一番たちが悪いのは、嫌な同期ですが、仕事が認められれば、先輩と仲良くなれます。だから同期といえども、無理に付き合う必要は有りません。その点において、人数が多いと嫌な人を選ばないでいいんです。

今度は、小さな会社や事務所においての場合ですが、当たりハズレがハッキリしている気がします。

この場合は、就職してからではなく、就活時点、面接時点で見抜く必要が多少あると思います。


従業員の平均勤務年数、去年の新入社員はまだ在籍してるか等、さりげなく確認してみるのです。

しかし、当たりも多いんです。その時は、非常に可愛がってくれます。家族ぐるみでのお付き合い等、仕事以外でも楽しく出来ます。

人数が少ない中でハズレの場合でも、一人くらいは、必ずいい人はいます。それ以外が、嫌な人であっても、割り切ることが大切です。


不安を感じないようにする大切な事

仕事以外での趣味を見つけて、嫌なこと以上に楽しい事が自分の中で大きな割合を占めれば良いんです。そればっかりを考えていては、状況は悪化するばかりです。

前向きに考えられる人間に自分自身も成長進化を遂げなくてはなりません。

結局は、人数の多い少ないより、自分の気持ちで大きく変わります。どこにでも、嫌な奴は存在するんです。

仕事だけではなく、そういう面での成長進化を、身につけてください。

初出勤の不安を無くすための考え方

体験談では、非常に大事なことがたくさん書かれていました。

まず、初出勤で不安を感じている人はあなだけではありません。これは当たり前の話ですが、初出勤前はみんな緊張して不安を感じています。


そんな中でも、この記事を読んでいるあなたは、用意周到な方だと思います。それもかなり。

初出勤を不安に感じて、こうやって情報収集しているぐらいですから、あなたは同じように不安を感じている人より、一歩リードしています。


冒頭でも書きましたが、何も知らずに初出勤を迎えるのと、情報収集してからだと、かなりの差が出てきます。

もちろんいろんな情報を入れ過ぎて不安になる場合もありますが、いざ初出勤をして、いろんな事が起こったとしても、こうやって情報収集しているあなたは、周りの人より落ち着いているはずです。



それだけでもあなたはリードしていると思いますが、こうやってちゃんと前もって調べているあなたは、仕事の出来る人だとも言えます。

社会で大事なのは、いかに仕事を円滑に進める為に、情報収集して用意していくことかになります。


そういう意味ではあなたは仕事が始まる前から、こうやって用意している訳ですから、必ず仕事も出来るようになると思います。

社会ではこうやって良い意味の自信を持つことも大事な事です。


そして仕事に慣れてきたとしても、もしかしたらあなたの職場に合わないと感じる人がいるかもしれません。

でもそれは体験談でも書いてあった通り、どこにでもそんな人はいますので、考えたってしょうがありません。


あなたがやるべきことは、そんな人に振り回され悩んでしまう事ではなく、より早く仕事を覚えようとすることです。

これをしっかりやれば、仮に嫌な人がいたとしても、必ず認めてもらえるはずです。

人間関係の悩み、それも新しい職場での事となれば、悩めば悩むほど自分の考え方は固執していき周りが見えなくなってしまいます。


仕事量の不公平について書いた記事で紹介していますが、仕事を始める前からこういった事を頭に入れておけば、今後の仕事に絶対に役立ちますし、常に自分自身のストレスをいうものをコントロールできるようになります。


前もってこういった情報を仕入れておくことで、あなたの職場での仕事は大きく変わってきますので、是非読んでおくことをお勧めします。


難しい職場での人間関係の悩みだからこそ、考え方に少し余裕をもって悩みの対象となるものに固執しないことが大事になります。

みなさんも人間関係に悩んだ時には、一度立ち止まって広い視点で見渡すようにしてみてください。


今回の記事を読んでいる方には、嫌な上司とストレスなく付き合っていく唯一の方法の記事も非常に参考になると思いますので、是非ご覧になり、ストレス軽減に役立ててください。

あなたの悩みの解決に役立てたならシェアをお願いします。
スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事もよく読まれています
Get Adobe Flash player