ハウスメーカーで迷う人へ|1度失敗して痛感した業者選びの鉄則

家づくりにおけるハウスメーカー選び。

いくら情報を集めてみても、「正直そこまで差がない」と感じていませんか?

そんな人にまずお伝えしたいこと。

ハウスメーカーを選ぶ基準について、情報収集するのはもうやめましょう!

情報収集に力を入れても、正しいハウスメーカーの選び方はまとまりません。

事実私自身、時間を費やして得た情報だけでは、結局大手か地域密着型かぐらいしか考えられませんでした。

この程度の認識でハウスメーカーを選んだ私は、その後大きな苦境に立たされることになります。

解約金250万円

判断の遅さもひとつの原因ではありますが、大金を無駄にしてしまったんです。

金銭的な損失は大きかったですが、解約せずに家が完成したとしても、

「思っていた家と違う…

一生後悔し続けたと思います。

 

何より知っておいてほしいのは、こんな事態が決して特別なものじゃないということ。

私のように、違約金を払ってでも家づくりをやり直そうと考える人は、実は非常に多いため注意が必要です!

ただ、私は一度大きな失敗をしたことで、何を基準にすれば最良のハウスメーカーが選べるのか?

徹底的に追及することができました。

そのおかげで、

これらをはっきりさせることができたので、今回みなさんにシェアしたいと思います。

大きな失敗を経験し、そこから理想の家づくりを実現した私の立場から言わせてもらうと、

ハウスメーカー選びで失敗するのは本当にバカらしいです。

手間も少なくすぐに実践できて、一片の悔いもなく理想の家を実現した方法ですので、ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカー選びで多い後悔

まずは一般的にどんな後悔が多いのか?知恵袋の情報をまとめてみました。

知名度だけで選ぶ

よく聞くハウスメーカーや、周りの人が建てたハウスメーカー。

なんとなくでそんな会社を選んでしまいがちですよね?

私自身なんとなくで選んだため、その危険性は強くお伝えしたいです。

ハウスメーカーそれぞれに強みがありますので、特徴ぐらいは絶対に比較しておくべきです。

展示場のイメージと違った

住宅展示場はほぼフルオプションの家ですので、イメージが違うのは当たり前だと分かっていますよね?

ただそれでも、「もっとかっこいいイメージだったのに」という後悔はありがちなんです。

「建ててみれば普通の家だった」と後悔しないように、事前にその会社で建てるメリットを把握しておくべきです。

予算が大幅にオーバーした

最初から予算ギリギリで話を進めてしまうと、後半は削る作業ばかりになってしまいます。

自分の理想の家を建てるために一生懸命情報収集して細部までこだわったのに、それを諦めなければいけないんです。

話し合いが進むにつれて削る作業が増えていくなら、家づくりただただ苦しいものになってしまいます。

予算に余裕をもって話を進めることと、予算に見合ったハウスメーカー選びが重要になります。

自由度が低かった

大手のハウスメーカーの場合、規格化することで品質を確保し、コストダウンを実現しています。

そのため理想を追い求めた自由な設計が実現できないことも多くなってしまうんです。

大手の場合でも、自由設計に柔軟に対応できる会社と、ほとんどできない会社とがあります。

事前にどのくらい自由度のある会社かは把握しておくことが必要です。

手間なく最良のハウスメーカーを選ぶ方法

これらハウスメーカー選びにおける後悔ポイントは、情報収集不足が主な原因です。

実際私も情報収集不足でハウスメーカー選びに失敗し、途中で解約し250万もの大金を失うことになりました。

では結局どのような手順でハウスメーカーを選んでいくべきか?

実際に私が実践した方法を解説していきます。

最初に間取りと見積もりを比較する

1番最初に各住宅メーカーの間取りと見積もりを比較しておくことで、失敗はかなりの確率で防げます。

実際に間取りや見積もりを最初に比較することで、どのような効果があるのか?

簡単に解説しておきます。

間取りの比較

間取り図を比較することによって、ハウスメーカーごとの違いが驚くほど見えてきます。

同じような図面が上がってくることもありますが、その中でも違いを見つけてみましょう。

間取りの比較

複数社比較することで、あなたが理想とするものがはっきりと見えてきます。

見積もりの比較

予算を最初に比較しておかないと、完成度で大きな後悔を味わうことになります。

ではなぜ多くの人が最初に予算を比較しないのか?

住宅メーカー選びに失敗する原因

私のように大の話好きでも数社お願いしていくだけで大変だったので、普通の人はそれ以上に大変に感じると思います。

 

ハウスメーカー選びに妥協してしまう人が多いのも、確実にこの情報収集の大変さが原因でしょう。

ただ、比較しないと不安がいつまでも続きますので、

気になる会社は必ず比較しておくべきです。

間取りと見積もりの比較だけでほぼ失敗はない

他にも資料で比較すべきポイントはあるんですが、ハウスメーカー選びという視点で言えば、

間取りと見積もりの比較だけでほぼ間違いはありません。

この時点で、あなたに最適なハウスメーカーは絞れているはずです。

間取りと見積もりのもらい方

一番重要な部分。どのように間取りと見積もりをもらうのか?

ここが大変だと意味がありません。

私が実践したやり方を、さらに効率よく改良した形でまとめていきます。

地道に集めるのは大変

当初私は1社1社お願いしながら間取りと見積もりを集めていました。

ただ現実的に間取り図や見積もりをもらうのは、決して簡単ではありません。

人と話すのが大好きな私ですが、それでも5社周る頃には疲れ果ててしまいました。

人と話すのが苦手な人には、地道に周るやり方は難易度が非常に高いです。

間取りと見積もりも一括請求が可能

一括資料請求には良いイメージを持っていなかったのですが、使ってみればこれほど便利なものはありませんでした。

当初一括請求と言えばカタログの請求だけだと思っていたんですが、間取りと見積もりも一括請求できるサイトもあったんです。

鬼電がくるなどデメリットが気になったんですが、結果的にデメリットと感じる事は何一つありませんでした。

「情報を整理してこちらから連絡するので、電話連絡はご遠慮ください」と書いた結果連絡が来たのは1社のみでした。
一般的な資料請求よりも連絡は煩わしくありません。

まだ住宅メーカー選定が終わっていない人は、躊躇せず利用した方がいいです。

⇒私が利用した一括資料請求

その他資料で比較すべきこと

取り寄せた資料は、まだまだほかの部分にも役立ちます。

より理想に近い家づくりを実現するために、何を比較していくべきか?ポイントをまとめておきます。

建築構造

各住宅メーカーが取り扱っている工法は、カタログで確認可能です。

それぞれの工法によって住み心地に直結するメリット・デメリットがあります。

あなたが優先させたいものを当てはめていけば、最適な工法は簡単に見つけられます。

木造軸組工法

メリット

デメリット

ツーバイフォー工法

メリット

デメリット

軽量鉄骨造

メリット

デメリット

重量鉄骨造

メリット

デメリット

  • 費用が高額になりやすい
  • 工期が長い

鉄筋コンクリート造

メリット

デメリット

間取りの自由度

大手ハウスメーカーの場合、規格住宅であることが多いため、間取りは自由に変更できません。

それぞれの会社によって自由度や得意分野が異なるため、特徴をしっかり把握しておく必要があります。

引用:おうちキャンパス

間取りの自由度

出典:おうちキャンパス

カタログに記載が少ない場合、その会社の自由度は低いと言えます。

もちろん規格の間取り自体住みやすく設計されていますので、特別なこだわりがなければ快適に過ごせるでしょう。

住宅性能

断熱性や気密性は近年どこのホームメーカでも高い性能になってきています。

とは言っても、やはりメーカーによって差はあるため比較しておいた方がいいです。

特に断熱性など、メーカーによってはっきり数値で示しているところと、示していない企業があります。

もし気密性・断熱性の具体的な数値がなければ、そこまで高い水準にない企業だと判断できます。

資料の比較によって見えてくる、意外に重要なポイントだと言えるでしょう。

タウンライフについて

タウンライフについて触れたため、間違いのないよう情報を整理しておきます。

まず間取り・見積り・カタログの3つをもらえるのはタウンライフ家づくりのみです。

費用
無料
ハウスメーカーから仲介料をもらうため、利用者は無料で利用可能

・連絡はこない?
ハウスメーカーから連絡くることもありますが、展示場でもHPからの資料請求でもどんな場合でも連絡はきます。
私の場合「情報を整理してこちらから連絡するので、電話連絡はご遠慮ください」と書いた結果連絡が来たのは1社のみでした。
一般的な資料請求よりも連絡は煩わしくありません。

・どんな会社が多い?
大手ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで1160社と提携
独自の審査基準で優良企業のみ提携。

\3分で入力完了/
タウンライフ
家づくり
公式ページ

間取りや費用も一括請求