嫉妬深い彼女に悩まされている人が犯しがちな過ちとは?

今回紹介するのは、嫉妬深い彼女に悩まされている人に知っておいてほしい、そんな人が犯しがちな過ちについてです。

嫉妬深い彼女

嫉妬深い彼女


嫉妬深い彼女や嫁に悩まされると、自分自身の行動を改めたりと、これまでの自由な生活からかけ離れてしまう事もあります。


結局は、そんな我慢の生活を送っていると、自分自身の精神状態にもよくありませんし、そもそも彼女との付き合いもきつくなってしまいます。

自分の事を好いてくれているからこその行動ですが、こんな状態では、長続きしない状況になってしまいます。


そして、こういった状態になってしまうと、ついつい犯しがちな誤った行動を取ってしまう事もあります。

この行動をやってしまうと、彼女の嫉妬が益々悪化してしまい、あなた自身の首を余計に絞めてしまう事になってしまいます。



そんな悩みを持っている方に、彼女が嫉妬深い場合の正しい行動を知ってもらい、自分の首を絞めないようにしてもらいたいと思い、今回の記事を紹介する事にしました。

同じような悩みを持っている方は、是非今回の記事を参考にしてもらって、彼女と幸せな日常を送れるようにしてください。


まずは、同じような悩みを持っていた方の体験談をご覧いただき、その後誤った行動について詳しく紹介していきます。

体験談の方も、同じような悩みを持っている方にとって非常に参考になる部分がありますので、必ずご覧ください。
スポンサーリンク

彼女の嫉妬に悩まされた体験談

彼女の異常な嫉妬

付き合っている当時から、妻が非常に嫉妬心の強い女性であることは理解していましたが、結婚してからもそれはあまり治ることがありませんでした。



私が初めて付き合った男性ということもあるのでしょうが、そもそも妻は基本的に男が嫌いで、私以外に心を許せる男がいなかったと話していました。



そもそも妻がなぜ私と付き合ったのかさえ謎ですが、男で平気な人間が私しかいないということが、その束縛や嫉妬心に拍車をかけていたのではないかと思います。



基本的に私が女性と話すのは良い顔はしませんし、女性の話をするのも嫌がります。


一度職場の喫煙所で雨が降っていて、その際に傘を持っていなかったので、傘を持っている女性の隣に入れてもらって煙草を吸っていたと話したら、本気でキレられたのを覚えています。



それが若い女性ならまだ分かるのですが、六十代近い年配の女性だったのです。
というか、彼女の同級生のお母さんだったんです。


それを知っていながら怒るというと、どれだけ妻が私を束縛したかったのかの気持ちが想像できると思います。



私は基本的に歌や絵が好きだったので、アーティストの女性を見たり歌を聴いたりするのは何も言われませんでしたが、テレビに出てくるアイドルの話は基本的にダメでした。


アイドルの特集ではなくても、最近はバラエティ番組にアイドルが出てくることも普通に多いため、テレビ自体が非常に見にくかったのを覚えています。


できるだけアイドルや若い女性が出てこないような旅番組や映画ばかり見るようにしていました。



妻が、嫉妬心が強いことはもちろんある程度は分かっていたため、当時は出来るだけ若い女性の話やアイドルの話などはしないようにすることに努めるようにしました。



もちろん日常的に妻に好きだよと伝えたりすることはしていたのですが、どうにも妻には不安な気持ちが消えなかったようです。


自分にはこの人しかいない、という愛が少し重たく感じました。嫌な気持ちはしませんでしたが、やはり気を使わなければいけないので私の気持ちも疲れてしまいました。

嫉妬深い彼女の場合に気を付けるべき事

体験者の考える嫉妬対策

今も妻の嫉妬心はあまり変わっていません。


けれど、私が気を使いすぎると、妻の嫉妬心は逆に強くなってしまうことに気付きました。


私が無理やり女性の話を避けたり、アイドルの話を避けたりすることを妻も感じ取っていたんだと思います。

その裏に何かがあるのではないかと勘ぐってしまうのも仕方ありません。


今の私は、基本的に何も気を遣わず話すようにしています。

もちろん若い女性の同僚の話をしたりすると妻が嫌がるのは相変わらずです。



けれど、正直に、何事もないように普通に話すことで、妻に後ろめたいことは何もないということを感じ取ってもらいたい思い話すようにしています。

変に気を使ってしまうことが、逆に妻の不信感を高めていたのだと思います。


ほかの女性とは何もないし、アイドルはかわいいとは思うけれどただのアイドルだし、私が好きなのはお前だけなんだよということをなるべく伝えるようにしています。


急に増やしてもわざと言っているように感じられるかなと思ったので、少しずつ、けれど日常的に伝えるようにしています。



今でも相変わらず嫌がりますが、若い女性がいる職場の飲み会にも、最近は行っていいよと言ってくれるようになりました。



以前は若い女性がいるというだけで、行かないでと泣いて懇願されたくらいなので、とりあえず少し進歩したかなと感じています。



もちろん、飲み会が終わったら二次会へは行かずにすぐに帰るようにしています。

妻を不安にさせないようにしたいからではなく、私が早く帰って妻に会いたいからです。


無理せず、気を使わせず、自然な状態で過ごすこと。それが一番よかったんだなと今になって感じています。

嫉妬に対する正しい対応

彼女からの嫉妬という行動が続くと、自分の事を思ってくれている行動だと分かっていても、いずれ窮屈感を感じる事になってしまいます。

過度な嫉妬と言うものは、最初はうれしくも思うものですが、ずっと続くと誰でも息苦しくなるものです。



そして体験談の様に、息苦しくなればなるほど、彼女の嫉妬心は増大してしまいます。

これは、息苦しいあなたの振る舞いが、彼女にとっては怪しい行動に見えてしまうからです。



相手を不安にさせないようにと思った行動だとしても、それが彼女にとっては不審な行動に映ることもあります。

一番大切なのは、彼女に不安な情報を入れないようにすることではなく、不安にさせないような安心感を与える事が大切になります。



彼女は、あなたの行動が怪しいから嫉妬深くなっている訳ではありません。

そもそもは、あなたの事が好きすぎて不安で不安でしょうがないから始まる行動です。



これをどう解消したらいいのかと言ったら、相手に情報を与えないのではなく、必要な情報はしっかり与えて、その上で彼女が一番なんだという事を、行動や言葉で示す必要があります。


言葉と言うものは、言う人が言えばウソばっかりでしょうが、普通の人であれば言葉と言うものは意外に重みのあるものになります。



よっぽど不審な行動など無い限り、言葉だけで信用してもらう事は簡単です。

この記事を読んでいるという事は、きっとやましいことなど無いにも関わらず悩んでいる人だと思います。


それならば、怪しいことなどない自分に自信を持って、彼女への愛情はストレートに表すことが、結局は彼女の嫉妬を減らす一番の方法になります。

一番やってしまいがちな、不安を与えない為の不審な言動を決してやらないように、彼女を安心させるような堂々とした行動や言動を心がけるようにしましょう。

あなたの悩みの解決に役立てたならシェアをお願いします。
スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事もよく読まれています
Get Adobe Flash player