仕事での嫉妬の悩みを解決するための一番の方法

今回紹介するのは、仕事での嫉妬で悩まされている人に参考になる、その解決方法についてです。

悩み

悩み


仕事上で、嫉妬による妨害や嫌がらせをされると、思っていた以上に仕事に支障をきたしますし、ストレスも抱えてしまいます。

こういった行動をしてくる人の大半が、自分の事だけしか考えないような自分勝手な人なので、解決するのも難しく感じていると思います。


上司に相談しようか、仕事を辞めようかなどいろいろと考えてしまうと思いますが、解決する方法は絶対にあります。

今は、嫉妬からくる嫌がらせをしている相手も、それを受けているあなたも、お互いがお互いに固執してしまっている状況ですので、是非今回の記事をじっくりと読んでいただき、今後の仕事生活に役立ててください。



まずは、同じような状況で悩んだ方の体験談をご覧いただき、その後に解決法を紹介していきたいと思います。

体験談を客観的に見る事によって、あなた自身も冷静な判断が出来るようになりますので、是非じっくりと体験談もご覧ください。

仕事での嫉妬に悩まされた体験談

仕事での嫉妬

仕事での嫉妬


私がご紹介するのは、職場での人嫉妬されることについての体験談です。

一日の大半を過ごす職場の人間関係がうまくいかないと、毎日仕事に行くのがつらく、家に帰っても次の日が憂鬱で楽しくないですよね。

できれば円満な環境で働きたいですが、老若男女、いろいろな人が集まるのが会社です。


女性は特に、男性社員からのセクハラや女性社員同士の足の引っ張り合いなど、いろいろな問題があると思います。

なるべく気持ちよく働けるように、どんな気持ちで職場の人と関わっていけばよいか、この体験談をもとに考えてみたいと思います。

職場で嫉妬されて悩んだ体験談

私は中途採用で入社して1年ほど、20代半ばのOLです。

肩書は役員秘書ですが、社員20名ほどの小さな会社なので、秘書というよりは会社全体の事務員のような感じです。

経理や事務作業もしますし、簡単な営業連絡ぐらいは受け持っていますので、
どちらかというと営業アシスタントの方が近いかもしれません。


知人の紹介で今の会社の社長に会い、採用されました。
紹介ということもあり、もともと社長にはよくしてもらっていましたが、社員の認識としては、私は「社長のお気に入り」。

私の言うことなら何でも聞くし、私の仕事に対しては甘い、待遇も他の人よりいい。そんな風に他の社員に思われているようです。


確かに、同じぐらいに入社した男性社員に対しては私よりもあたりが強いとは思います。

でもそれは彼の仕事ぶりがあまり良くないせいだと思いますし、私が特別な待遇を受けているとは思いません。

給料も同じだし、怒られないのは怒られるようなことをしていないから。


私は、自分は真面目だけが取り柄だと思っていますが、だからこそ指示されたことはきっちりやるし、秘書という立場にいるからには、周りに気を配り円滑に仕事が進むように取り計らうのが、私の役目だと思っています。

それを実践しているという自信があるし、それは評価されて当然だと思います。
だから私に対して社長が多少甘いのは、私の仕事ぶりのおかげだと思っています。

でも、それをお気に入りだから甘やかされていると感じ、面白く思わない人もいるわけで…。


特別な嫌がらせをされることはありませんが、ことあるごとに「○○さんはお気に入りだからね」「いいね、甘やかされて」などと言われます。

最初は気にしていませんでしたが、あまりに続くのでだんだんとうんざりしてきました。


自分の仕事に自信があっても、周りにこうも言われると馬鹿にされている気がして、腹立たしいです。

だんだんと私は、本当はみんなが言うようにひいきされているだけなんじゃないか、実は全然仕事できていないんじゃないか、とさえ思えてきます。



私に対して一番嫌味を言っていた人は会社を辞めてしまい、だいぶ気持ちは楽になりましたが、それでも未だに「ひいきされている」という雰囲気は残っています。

体験者の考える嫉妬への対処法

今回は嫌味を言ってくる同期社員に悩まされているという体験談でしたが、誰かから妬まれる、というのは想像以上に消耗することです。

負のオーラのパワーは強く、ネガティブに引っ張られそうになります。

しかしこんな状況に直面したときに、自分もマイナス側に傾き、せっかく今まで積み上げてきたものを捨ててしまうなんて、もったいないですよね。

今回の例でいえば、自信をもって仕事してきたけど、実は自分は仕事ができないんじゃないかと落ち込み、そのあとの仕事がうまくいかなくなってしまっては、相手の思うつぼです。
今度は喜々としてそのことをネタにして、さらに嫌味を言ってくるでしょう。

そうならないためにも、一番大切なことは「ポジティブな気持ちで動じないこと」です。


嫌味・妬みを言われる=それだけうらやましがられる何かがある、ということです。
そこに自信を持ち、武器にして、立ち向かっていきましょう。


「私はこれだけ力があるから、あの人はうらやましくてこんなことを言うんだな」
「あの人はこれができないから悔しくて、妬んでいるんだな」

そんな風に思えば、嫌味を言ってくる人がかわいそうにさえ思えてきます。


しかし、自分の力に自信を持ち、それを鼻にかけるようになってしまっては、逆効果です。
あくまでも、心の中でそっと思い、表面上は控えめに対応することが大切です。

自信を前面に出してしまうと、それはそれで嫌味を言われる原因になりかねませんからね。

社会では負のオーラに直面することが多いと思いますが、それに負けず、ひっそりと自信をもって、頑張っていきましょう。

仕事での嫉妬への対処で大切な事

大切なポイント

大切なポイント


今回は嫌味を言ってくる同期社員に悩まされているという体験談でしたが、誰かから妬まれる、というのは想像以上に消耗することでした。
負のオーラのパワーは強く、ネガティブに引っ張られそうになります。

しかしこんな状況に直面したときに、自分もマイナス側に傾き、せっかく今まで積み上げてきたものを捨ててしまうなんて、もったいないですよね。
今回の例でいえば、自信をもって仕事してきたけど、実は自分は仕事ができないんじゃないかと落ち込み、そのあとの仕事がうまくいかなくなってしまっては、相手の思うつぼです。
今度は喜々としてそのことをネタにして、さらに嫌味を言ってくるでしょう。


そうならないためにも、一番大切なことは「ポジティブな気持ちで動じないこと」です。


嫉妬・嫌味・妬みを言われる=それだけうらやましがられる何かがある、ということです。
そこに自信を持ち、武器にして、立ち向かっていきましょう。

「私はこれだけ力があるから、あの人はうらやましくてこんなことを言うんだな」
「あの人はこれができないから悔しくて、妬んでいるんだな」

そんな風に思えば、嫌味を言ってくる人がかわいそうにさえ思えてきます。

こういった相手への考え方というのは、非常に重要になります。仕事の人間関係について書いた別の記事では、こういった理不尽な人に対してのストレスを抱えない考え方について書いています。

こういった考え方を持って、苦手な相手と接する事は非常に重要な事です。是非この記事も読んでいただき、考え方の転換をしてください。


考え方を変えると言っても、体験談にもあった通り自分の力に自信を持ち、それを鼻にかけるようになってしまっては、逆効果です。

あくまでも、心の中でそっと思い、表面上は控えめに対応することが大切です。

自信を前面に出してしまうと、それはそれで嫌味を言われる原因になりかねませんからね。


社会では負のオーラに直面することが多いと思いますが、それに負けず、ひっそりと自信をもって、頑張っていきましょう。

ただ、それでも解決できない場合というのは必ず存在してきます。そういった場合には、無理に立ち向かわずに転職という選択をする事も大事な事です。


転職すると言ってもすべてが解決するわけではありませんが、自分自身のストレスに押しつぶされないようにするには、転職というのは大事な選択になります。

嫌な上司について書いた記事では、転職するうえでの注意点も書いています。


実は転職というのは、こういった事をしっかりとしていなければ、うまく行かない事が非常に多いものです。

転職を視野に入れるという事は、自分自身の心の逃げ道になってくれますので、視野にはしっかりと入れて、かつ嫌な上司の記事に書いている注意点をしっかりと実践して、今後自分の為になる転職が出来るように準備していきましょう。



仕事での嫉妬の問題はよくある問題ですが、今回の記事に書いたことを意識してもらえれば、今後絶対に解決できるはずです。

自分自身を見失わないように心がけ、無理ならば転職も考えるという心のゆとりもしっかりと持つように心がけてください。

あなたの悩みの解決に役立てたならシェアをお願いします。
スポンサーリンク

フォローする

こちらの記事もよく読まれています
スポンサーリンク
Get Adobe Flash player