嫌いな人との付き合い方を職場での体験談から考える

今回紹介するのは、職場での嫌いな人との付き合い方を考えた体験談になります。

社会で働いていると、どこにでも嫌いだと感じる人はいると思いますが、それなりに付き合うか、会社を辞めるかという考えしかないと思います。


こういった問題は、いざ直面するととても難しく、解決する方法などないように感じているかもしれませんが、人と人との問題ですから絶対に解決できる問題だと思います。

今回の体験談でも、解決という道筋は難しく考えられていますが、とりあえずはその体験談をご覧になっていただき、それから解決法を考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

職場での嫌いな人との解決をした方法

職場での苦手な方ってどんなところでもいるとは思いますが、私には特に苦手なことがあって、それがしゃべり方です。


どうしても強い言葉でしゃべる人って相手を威圧するような気持ちになってしまって、それが凄い私のストレスになってしまいます。


ガテン系の仕事をしていた時の頃には良くこういった経験があり、気にしないようにはしているのですが、それでも少しずつ気になっていき、気持ちが沈んでいきました。


見下されているのかな、作業がしにくかったのかななど、色々ネガティブな状態になることも多々あり、それがきっかけで良く友達に相談していました。



その中で私が最も改善できるとしたらそれはストレスをいかに普段から解消できるか、溜める事をしないこと。これに限りました。


一つ一つの事はやっぱり気にするので、辛かったり悲しんだりしてもおかしくありませんが、問題なのが一度溜まってしまうとそこから立ち直るまで凄い大変なのは断言できます。


こうなってしまったときは転職が一番有効な方法なのではと思います。人間関係を修復するのってとても大変だし、一度壊れると直すのがとても大変です。


もちろん、そんなことでいちいち辞めてどうするのって言う方もいると思いますが、私は辛いならそのままにしちゃいけない気がします。


ためらったままだと、次が大変です。
何もないまま永遠に続くことを考えて辛くなるより、次の居場所を探した方がよっぽど素敵に感じます。

次の職場で頑張れば今の負の状況から立ち直れるチャンスがあると私は感じます。


私は特に幼い頃から精神過敏だったので、そういった辛いと考える人と出会ったりすると何故かホッとしたり、同じ気持ちの人がいて私だけじゃないんだって思います。


なので、一番のいい方法だったのは環境を変える事だと思いました。
次の場所では、少しずつ気持ちを落ち着けて一日一日抱え込み過ぎないで、ラフに生活していくのがとても気持ちよく過ごしていくコツだと思います。



この方の解決法は、世間では逃げと言われるものだと思われます。

しかし、社会とはすごくストレスがかかるもので、絶対的に理不尽な人というものも存在しますから、時には逃げも必要なのです。



その見極めは難しいですが、嫌いな相手がいるからといって、自分自身の考えが軽くならないように気を付けなければなりません。

いつでも冷静な判断だけはできるように心がける事が大切です。


その上で、例えば職場を辞めるという選択肢が浮かんだ場合には注意が必要です。

体験談の中にもありますが、「そんなことでいちいち辞めて・・・」という点に注意が必要なのです。



前途したように、時には逃げが必要な場面ももちろんありますが、ただただ逃げたとしたら、それは自分の人生にとって何の意味もありません。

話し方が苦手な相手がいるのなら、次の職場にももちろんそんな人がいる可能性はありますから、そんな人を相手に克服してやるという気持ちは絶対に必要です。


でなければ自分という人間が何の成長もないまま、嫌な事があれば逃げるという、何の意味もない人間になってしまいます。

話し方が苦手な人がいるなら、何故苦手なのかを考える、どういう接し方をすれば相手の口調が変わる、なめられていると感じるならどうすれば対等に話せるかを考える。


こういった事をした上で次のステップへと行かなければ、何も行動せずに次に言ったら絶対に同じことの繰り返しです。

簡単に辞めるという行為は、自分の人生さえも絶対に楽しいとは思えないような生き方になってしまいます。



苦難に出会った数だけ、少しづつでも成長していかなければ、いつまでたっても同じままです。

そして苦手な相手と普通に話せるようになったら、絶対に人として成長していますし、人生もより楽しくなっています。


そうやって社会で経験を積むことで、自分の人生というものが形成されていくのです。

こういう言葉で聞くとそんな綺麗事と感じる方もいるかもしれませんが、絶対にそんなことはありません。



どのみち会社を辞めるという選択が出来るくらい行動力があるのならば、一度でいいので苦難の道と立ち向かってみてください。

そこには今まで経験したことのないような感情が出てくるはずです。そしてそれが後から楽しい道へと続いていくのです。


今見ている世界が、この世のすべてではありません。自分はこれでいいというのは、単なる逃げです。

この世に生きてきたからには、いろんな経験をして楽しい人生を見つけることが使命なのです。


0歩と1歩は全然違います。まずは小さくてもいいですから、今までしたことのない行動を是非起こしてみてください。



そして遅くなりましたが、嫌いな人との付き合い方という事ですが、これも今まで話した事と同じような考えです。

まずは人と人というものが、みんなといきなり仲よくなれるわけはないとう認識をもう一度持つことです。



その上で、嫌いな人がいるという事は、すなわち今まで出会ったことのないような人、もしくは自分と正反対の人という認識でいると思います。

自分の人生において、そんなかけ離れた人と出会えたことは、素晴らしく面白い出来事です。


きっと今までの自分の人生にはなかった刺激を与えてくれるはずです。

あなたが相手の事を嫌いと感じている訳ですから、きっと相手もあなたの事を嫌いなのかもしれません。


でも社会において、そんな人同士が話していると仲良くなったというのはすごくありふれた話です。決してテレビの中の話なんかではありません。

今までしていなかったであろう、こちらから何でもないようなくだらない話をしてみるとかすれば、すごく盛り上がるかもしれません。


いきなりは無理かもしれませんが、社会全体でいえば、それぐらいの問題なのです。

悩んでいるという事は、どちらにせよ行動しないと解決しません。もし辞めようかと考えているならば、こんな記事は読んでいないでしょうから、是非今までより相手に絡んでみてください。



辞めるのはそれが失敗してからでも遅くありません。一人が無理なら、相手が複数人と話している時に混ざってください。

今までの、相手に距離を置いたやり方では、絶対に解決はしませんので、是非あなたの方から、まずは距離を縮めてみてください。

あなたの悩みの解決に役立てたならシェアをお願いします。
Get Adobe Flash player